取引事例比較法

マンションの査定価格を決定する方法の一つとして取引事例比較法があります。誤解を恐れずに簡単に言うと、大体同じようなマンションがどれくらいで売られているのかを参考にして価格を決めるという方法です。例えば、間取りや設備がまったく同じで、同じ建物内にあって同じ階の同じ向きにあった場合には、同じ価格で取引されるのが妥当でしょう。大まかに言えば、取引事例比較法とはこのような方法です。
取引事例比較法を用いれば、実際に売買された価格を元にして査定価格を決めることができます。どこの業者に頼んでも同じような査定価格になると考えられがちですが、実はそうではないという点にも注意が必要です。なぜかというと、データが違うからです。
実際に売買されたときの価格のデータは業者ごとに持っているものが異なります。ですから、それによって導き出される価格にも違いが生じます。大手の不動産業者であれば多くのデータを持っていますから、相場に近い価格が提示されると考えられます。
実際にはまったく同じマンションというのはなかなか存在しいません。階や向きによって価格が変わるのが一般的だからです。そのために、不動産流通近代化センターが「中古マンションの値づけ法」を公開していて、これを用いて計算されることが多いようです。